マーキュリーレーシング 300R

       

マーキュリーレーシング 300R V8 4.6L 重量

マーキュリーレーシング 300R V8 4.6L 4ストローク 重量

安心の木枠梱包

マーキュリーの大排気量船外機の荷姿は木枠梱包で国産の船外機の金属枠梱包より開梱時の万が一の損傷リスクにも少し安心です。

マーキュリーレーシング 300R V8 4.6L 4ストローク 重量

気になる船外機の重量

そして気になる船外機重量ですがカタログ標記での2ストローク船外機

マーキュリーオプティマックス300XS 3.2L V-6 L足で505 lbs. (229 kg)

レーシング 300RはV-8 32-Valve DOHC 4.6L 20″のLで512lbs. (232 kg)

マーキュリーレーシング 300R V8 4.6L 4ストローク 重量

実際の重さ

同カタログ表記で比べると3Kgしか変わらない…ということでした。

マーキュリーレーシング 300R V8 4.6L 4ストローク 重量

技術進歩による軽量化

エンジンオイル、ギアオイルは入った状態のプロペラレスで実質約231Kgとほぼカタログ標記と同じでしたが、4ストV8が2ストV6とほぼ一緒の重量ということに時代の流れによる技術進歩に感心です。

次回機会があれば300XSの実重量を計測したいと思いました。

 

便利な機構

オイルフィルターの交換はエンジンカウリングを取り外さなければならないのは従来通りですが、

エンジンオイル給油やオイルレベル、オイル状態の確認に便利なこの扉はプッシュオープン式の

小窓が標準装備されていてクイックな点検ができるので大変便利になりました。

 

マーキュリー300R

 

バスフィッシングボートクラブSTAGE公式サイト